[ 快速成型 ] 日本是如何介绍SLA激光快速成型的

2013-10-16 09:29| 发布者: smart

简介:文章来源:凯福精密制造 www.carful.com.cn我们大家所说的SLA激光快速成型,在日本被称作为“光造形”。已有多年SLA加工经验 凯福精密制造公司根据日本所描述的“光造形”翻译如下:SLA激光快速成型是利用特定波长与 ...
文章来源:凯福精密制造 www.carful.com.cn
我们大家所说的SLA激光快速成型,在日本被称作为“光造形”。已有多年SLA加工经验 凯福精密制造公司根据日本所描述的“光造形”翻译如下:
SLA激光快速成型是利用特定波长与强度的激光聚焦到光固化材料表面,使之凝固,完成一个层面的绘图作业,然后升降台在垂直方向移动一个层片的高度,再固化另一个层面。这样层层叠加构成一个三维实体的一种方式。根据客户的草图、CAD数据或三维数据转换为STL格式再加工。根据3D数据图纸,通常每层注入(0.1?0.2毫米)液态树脂使之固化,当一层加工完毕后,就生成零件的一个截面,固化层上覆盖另一层液态树脂,再进行第二层扫描,第二固化层牢固地粘结在前一固化层上,这样一层层叠加,便在短时间内制作成三维立体工件原型了。
SLA激光成型的优势:
SLA激光成型有许多优点,已被用于广泛应用于小批量的生产、铸造、真空铸造、多种模具、模型等。
下面是总结典型的优势。
1、可以在很短的时间内生产所需的模型。
2、可以由CAD数字模型直接制成原型。
3、可以加工结构外形复杂或使用传统手段难于成型的模型。
4、因为在很短的时间内制作出模型,更容易及早发现问题。
激光成型的缺点
1、由于树脂强度弱的特性,容易被冲压和变形。
2、长时间在光的照射下,有可能泛黄。
3、每个固化一层层堆积,可能会有层次差。
 
 
日本介绍的“光造形”原文如下:
光造形とは、レーザー光線に当たると硬化する液体樹脂に、数値制御されたレーザー光線を照射することで樹脂表面を硬化させ、積み重ねて立体物を製作する方法です。当社が作成しました3Dデータもしくは、クライアント様がお持ちの図面や手書き図面、CADデータを光造形機用STLデータ(等高線データ)に変換します。
そのデータを基に光造形機は通常1層ごと(0.1~0.2mm)に液体樹脂表面を硬化させ、硬化した面は液体樹脂の中に沈めて再び新たな液面を硬化させます。このように等高面を順次硬化させ積層することで、3Dの精密な立体物を短時間で製作することが可能なのです。
光造形のメリット(造形注型)
光造形は、多くのメリットがあるため、真空注型や鋳造などの少量生産用マスターモデルとして、幅広い用途に用いられています。
以下に代表的なメリットについてまとめました。
1、短期間に必要なモデルを製作することができます。
2、CADデータを忠実に、立体モデル化することができます。
3、拡大拡小モデルを簡単に製作することができます。
4、短期間に製作できるため、問題点が発見しやすくなっています。
光造形のデメリット
1、樹脂の性質上、強度が小さいため衝撃に弱く、変形することがあります。
2、光に長時間当てることで、黄色化することがあります。
3、積層ごとに硬化させるため、階段状の段差ができることがあります。
已有0人参与

会员评论

推荐创意新品

返回顶部